ヒルドイド」タグアーカイブ

ぶつぶつケアにも使われるヒルドイドの乱用が問題に!

ヒルドイドという薬をご存知でしょうか?

アトピーや極度の乾燥肌で皮膚科等を受診した場合、ほとんどと言って良いほど処方される保湿薬なのです。

我が家でも子供がアトピーで皮膚科に通っているころ、毎回処方され入浴後や乾燥が気になる時に塗っていました。

さすが処方薬だけあって、その保湿力は抜群で肌の奥深くまで浸透するのが分かります。

最近、このヒルドイドの乱用が問題になっており、先日テレビ番組のインタビューでも多くの人が実際に使用しており、中には今持ち歩いているという人までいました。

その使い方は、美容目的としか言いようがなく、肌に疾患があるわけではないが保湿力が抜群なので処方してもらっていると言います。

処方薬ですから、皮膚科に行かないと購入することができませんが、正直これだけ多くの人が乱用していると言うことは、何の躊躇もなく医師が許可しているとも言えます。

ヒルドイドの魅力はとにかく保湿力が高いことにありますが、それだけではなく処方してもらうことによって低価格で手に入るのです。

一般的な保湿クリームは、物によっては数千円もしますよね?

安くても千円前後というところでしょうか。

しかし、ヒルドイドを病院で処方してもらうと、もともと600円のものが3割負担で180円で購入することができるのです。

ですから、一度受診し多めに処方してもらったり、なくなったらまた処方してもらうケースが急増しています。

このヒルドイドは薬ですから、医療薬として扱われます。

本来必要のない人が美容目的に購入するのは、やはり色々な危険性があり問題視されているのです。

 

本当の使い方とは?

それでは、一般的に皮膚科でヒルドイドを処方されるのは、どのような時でしょうか?

ヒルドイドの効能を調べてみると、皮膚疾患を治療するための処方薬だと言うことが分かります。

私たちが普段美容目的で使用しているクリームとは違う成分で作られており、皮膚疾患の人もその症状が改善したら使用を中止するのが原則です。

もちろん、予防が必要な場合は長く処方されることもありますが、美容目的で安全に使用できるものではないと理解してください。

風邪薬でも、市販薬と処方薬では成分や強さが違いますよね?

処方薬は医師が診察し、その人の体質や症状に合った薬なので、成分も強くできます。

しかし、市販薬は医師の診察なしに誰でも購入でき、色々な人が服用することを想定して副作用がなるべく出ないように作られています。

同じように、ヒルドイドは処方薬です、美容目的の誰でも購入できるクリームとは全く違うので気を付けなくてはなりません。

 

副作用はある?

かぶれ

多くの人がその保湿力の強さから美容目的で処方してもらうヒルドイドですが、なぜ乱用が問題となるのでしょう?

その答えは二つあります。

まず一つ目は、副作用の問題です。

治療薬としてではなく、美容目的で使用する場合は、医師の指導に従わず一般的な保湿クリームと同じように使用する人がほとんどです。

使用回数を守らなかったり、使ってはいけない場所に塗ったり、使用期限を守らないケースもあります。

処方薬ですから、誰の肌にでも合うとは限らないのも怖いところです。

実際に、肌に合わずに湿疹ができたり、かぶれることもあります。

あまりの人気から販売会社は注意喚起しているところです。

また、もう一つは美容目的での乱用が増えると、その価格が高くなったり保険適用外になってしまう可能性があるのです。

本当に必要な人の手に渡らない可能性が出てくるので、やはり軽い気持ちでヒルドイドを使うのは避けるようにしましょう。