頭皮の色で抜け毛の危険性が分かる

頭皮環境は色で判断!危険なのは・・・

 

頭皮

 

抜け毛増えて薄毛に悩まされている女性は年々増加傾向にあるといわれており、ストレスやホルモンバランスの乱れなどによって頭皮環境が悪くなっていることも原因の一つとされています。

 

頭皮環境が悪くても髪の毛が生えてくれば良いのでは?と思う人もいるでしょうが、まずは土台となる頭皮環境が整っていなければ強くて抜けにくい髪の毛は生えてきません。

 

花を育てるのと同じように土壌がしっかりしていれば花は根からしっかり栄養を摂って花を咲かせることができますが、土壌に問題があれば栄養を行き届かせることができなくなって花は咲きませんし咲いてもすぐに枯れてしまいます。

 

ですので、まずは頭皮環境を整えることから始めるのが薄毛を改善するための近道になると言えるのです。

 

また、頭皮環境の悪化が抜け毛や薄毛の原因になってしまうのは毛母細胞が劣化してしまうからです。

 

頭皮の表面から毛根部分までは約5ミリと浅くなっており、頭皮表面で受けた刺激はすぐに伝わってしまいます。

 

その刺激が乾燥などを招いて頭皮環境が悪くなることもありますし、頭皮環境が悪くなると毛母細胞が劣化して発毛機能が弱くなって抜け毛や薄毛の原因になるのです。

 

それと、頭皮環境が悪くなるとフケや痒みが出てきますし、頭皮が硬くなって柔軟性がなくなってしまいます。

 

頭皮が硬くなってしまうと血管も同じように硬くなって収縮してしまい、それが血行不良を起こして毛母細胞や髪の毛に栄養が行き届かなくなります。

 

こうした頭皮環境の悪化によって抜け毛や薄毛の原因になってしまいますので、こまめに鏡を使って頭皮をチェックすることも重要となります。

 

とは言っても、頭皮環境が悪くなっていても気づかない人がいますし、目で見ても分からないからどうすれば良いのか悩んでしまうことがあります。

 

そうした場合は頭皮の色を見て判断すると良いでしょう。

 

 

健康な頭皮

 

女性は間違ったヘアやカラーリング、パーマや必要以上のドライヤなどによって薄毛になってしまうことがあります。

 

また、頭皮への刺激によって頭皮環境を悪くさせることがありますし、女性特有のホルモンバランスの乱れによっても抜け毛や薄毛を招いてしまうことがあります。

 

こうした様々な原因によって抜け毛や薄毛になってしまう女性がいますが、自分で頭皮をチェックしたことはあるでしょうか?

 

自分の目で直接、頭皮を見ることはできませんので鏡を使って見るのですが、頭皮を見て健康な頭皮と不健康な頭皮を見分ける必要があります。

 

では、どのように健康な頭皮かを見分ければ良いのでしょうか?

 

それは、頭皮の色で判断することができます。

 

健康な頭皮は血液循環が良いので青みがかった透けて見えるような白色になっており、青白く見えているのは頭皮にある毛根などが肌に透けて見えているからです。

 

このようなことからも分かるように、青白くなっていれば健康な頭皮となりますが、頭皮の色をチェックする時に注意してほしいことがあります。

 

それは、蛍光灯の色ですが、蛍光灯がオレンジ系の電色になっているときは頭皮が黄色っぽく見えてしまいますので、できるだけ白色灯の下でチェックするようにしましょう。

 

 

不健康な頭皮

 

頭皮をチェックすることで頭皮環境の状態を知ることができ、頭皮環境が悪くなっていれば対策をとって改善していくことができますので、抜け毛や薄毛が気になる人やチェックしたことがない人は自分の目でしっかり確認してみてください。

 

チェックした時に不健康な頭皮だったら、すぐに対応しなければいけませんが、では不健康な頭皮はどのような状態なのでしょうか?

 

それは赤茶色になっていることです。

 

赤茶色になっている頭皮は頭皮の血行が悪くなっていたり、その血行不良が古くなった血液を滞らせてしまい、老廃物が溜まって髪の成長に必要な栄養を行き届きにくくしています。

 

この状態が続いてしまうと更に頭皮環境が悪化して髪が成長しなくなることや今現在、生えている髪の毛が抜けやすくなって薄毛へと繋がってしまいます。

 

ですので、自分の頭皮の色が赤茶色だったらすぐに対応してください。

 

 

頭皮が健康になると色も変わる

 

頭皮が健康になれば抜け毛や薄毛を改善することができますし、予防することもできますので自分でこまめにチェックしたほうが良いでしょう。

 

また、頭皮が健康になると色も変わってきますので分かりやすいと思います。

 

では、頭皮が健康になるとどのように色が変わるのでしょうか?

 

不健康な頭皮の色は赤茶色となっており、健康になることでピンク色になって最も良い頭皮環境になると青白くなります。

 

この頭皮の色をチャックして頭皮環境が良いのか悪いのかを知ってほしいのですが、大切なことは頭皮環境が悪いと髪の表面だけをケアしても抜け毛や薄毛を予防したり改善したりできないということです。

 

ですので、不健康な頭皮の場合は最初に頭皮環境が良くなるケアを行っていきましょう。

 

当サイト限定・マイナチュレ特別価格!