妊娠中気を付けたい成分

妊娠中のミノキシジルの使用は危険!

 

副作用

 

妊娠に、ダイレクトな悪影響有りの、ミノキシジルです。男性用の発毛剤に入っていて、目覚ましい効果が有って、女性の用の発毛剤にも入れられるように。

 

でも、妊娠中と授乳中はNGです。具体的に、どんなメカニズムで母体、胎児や乳児に悪影響をもたらすかがまだ、まったくと言っていいほど、わかっていませんが、悪いと言う事実だけは、知られています。

 

もとは、血管拡張作用から、降圧剤として高血圧に用いられてきました。で、思わぬ副作用として、増毛作用があったんで、育毛剤に転用されたんです。

 

それで、ミノキシジルは成人以下への安全性が確立されていないゆえ、使用が禁止です。プロペシアに同様、女性の薄毛には極めて有効なミノキシジルなんですが。

 

妊娠・授乳中はやめてください。卒乳してからにしましょう。それから薄毛対策をしても、間に合います。母乳の成分が、乳児に行くのは、ご存知ですね。
なお、これから子供を設けようとする場合、夫が使用するのも、良くありません。なんと、精子にミノキシジルが悪さをする恐れがあり、受精しないばかりか、子供に障碍が出てしまう恐れも。

 

ですので、成分にミノキシジルが無くてその他の副作用もない育毛剤を、妊娠授乳中は使ってください。

 

 

その理由

 

医学的に、エビデンスのある判明は、まだまだ得られていまません。ですが、ある学者の説には、胎児の男性ホルモンをブロックして、男性器の形成不全が生じる、と言うモノがあるのだとか。

 

ご存じでは無い方もいるでしょうが、半陰陽と言われる、男か女かよくわからない状態に成るんです。当然、生殖機能はありません。

 

そして、ミノキシジルは恐ろしい話、母乳を介して乳児に行きます。乳児はまだまだ、生殖器は成熟出来ていません。そこへ、、ミノキシジルが来るわけですから。これでも、男性器は完成しないわけです。

 

ネットでは、ミノキシジルと薄毛に関して、不確かなフェイクニュースが多いです。ですから、信じてはいけません。

 

女性の薄毛治療で、出るミノキシジルの副作用には、胎児・乳児への悪影響以外には、むくみと体重の増加があります。

 

このむくみ、ミノキシジルの薬理作用が、血管拡張なんで、ムダに低血圧になり、細胞組織に水が排出されないまま、留まってしまうからです。

 

薄毛が収まってミノキシジル服用をやめたら、おのずと、むくみは、治ります。ただでさえ、産後の体型に戻したいのに、まずいですよね。

 

ですから、授乳が終わって、体型や体重が安定してからでも、遅くは無いんですよ。

 

 

産後の抜け毛を軽減させるための方法

 

産後の抜け毛は、長引いてしまう場合が。その要因は?

 

まず、食事が、おろそかになりがちだからです。

 

赤ちゃんのこお世話で、食事がいい加減になっちゃうんですね。取り敢えず、腹を満たせれば良いみたいな。そうなると抜け毛はおさまりません。

 

昔なら、2世代同居とかで、姑が、ごはんを作ってくれたりもしましたが、今は核家族です。

 

母親自体がなんとかしないといけません。ですから、生協の個別宅配や半調理品なんか、うまく利用して、手間は掛けなくても栄養だけは摂りましょう。

 

欠かせないのは、タンパク・ビタミン・ミネラルです。

 

とりわけ、産後母乳で粉ミルクでない場合、母乳に栄養が大幅に行ってしまうんで、しっかり栄養を摂らねばなりません。

 

夜泣きなんかはありますが、できるだけ睡眠不足にならないようにしましょう。赤ちゃんが寝ている時は、出来るだけ横になります。

 

睡眠不足では、細胞産生がスムーズに行きません。大人では新陳代謝に関わる成長ホルモンは、睡眠でないと分泌されません。

 

当然、髪にも良くないわけです。ストレスは、ため込まないでください。
赤ちゃんのペースで動かないといけないのは、育児ストレスから、育児ノイローゼになりがち。

 

それが、薄毛が治らない要因の1つとされています。

 

芸能人みたいにシッターさんに任せてテレビに出るようにはいきませんが、出来る限り、休める時間を見つけましょう。