発毛剤は男女で違う?

女性が男性用のリアップを使っても大丈夫?

 

男女

 

男性用・女性用と分かれているのに、ダンナの育毛剤を使ってしまうのは、ご法度です。

 

薄毛になってしまうのは、男女あるいは年齢とは、無関係です。

 

女性が薄毛改善に、育毛剤を用いる場合、女性用と書かれた育毛剤を使わないと、いけません。

 

それでも、ダンナの男性用育毛剤を、共用している人も多いんです。

 

CMやネット広告なんかで、男性の薄毛改善に効果があった、と謳われていると、同じ人間だから、と、使いたくなりますよね。

 

女性が男性用育毛剤を、使うのは、いけません。女性は、女性用あるいは、男女兼用と書かれた育毛剤にしてください。

 

なぜならば、多くの女性の頭皮は、男性のそれよりも、デリケートなんですね。男性用の育毛剤だと、刺激が強過ぎなんです。

 

結果的に、炎症になってしまい、育毛どころでは無くなります。

 

加えて、男性用育毛剤って、実は男性ホルモン抑制で、薄毛を改善と言う、作用メカニズムが圧倒多数なんですよ。

 

男性に伍して働く女性で、男性ホルモンが活発化した女子男性型脱毛症なら、ともかく。基本的に男性ホルモンは、少ない女性では、効果は見込めません。男女兼と書かれた育毛剤ならば、良いです。

 

男性用育毛剤に多く含まれる。刺激の強いエタノール・ミノキシジルが控えめで、刺激がレスで、頭皮を保湿して、効果を狙う製品になっているので、安全です。

 

 

女性用の発毛剤はリアップジェンヌだけ?

 

女性用の発毛剤:リアップリジェンヌは、ミノキシジル1%配合です。女性用育毛剤いうニュアンスだけでなく、発毛と謳っているんですね。

 

第1類医薬品で、明確な発毛効果が望めるからですね。ちなみに、前からあったリアップレディの改良版です。

 

有効成分は、メインとなるミノキシジルの他に、l-メントール、トコフェロール酢酸エステル、パントテニールエチルエーテル、添加物(1.3-ブチレングリコール、クエン酸、エタノール、ヒアルロン酸Na)。

 

各成分の働きは...ミノキシジルは、元は循環器のお薬でした。飲んでいたら、髪の毛含む体毛が濃くなるので、育毛目的で使われるようになったんです。

 

l-メントールは、清涼感を出す目的で、多くの薬品・医薬部外品に使われていますね。育毛剤の場合は、このスッとする感覚で頭皮のかゆみを抑えてくれます。
トコフェロール酢酸エステルは、ビタミンEで皮脂の酸化で頭皮がやられるのを防ぎます。

 

パントテニールエチルエーテルは、栄養剤で、毛根の細胞にを元気にします。

それで、育毛剤でなく、はっきり発毛剤と明記しているのは、女性用では、リアップジェンヌだけになります。

 

で、どんな抜け毛にも効きそうですが、女性の女子男性型脱毛症にしか、効かないんですよ。

 

女性が男性に伍して働くようになった代償として、男性ホルモンが活発化したケースですね。

 

その他の薄毛、すなわちストレスやダイエットによるモノには、効きません。