育毛剤の成分と副作用

女性用育毛剤に含まれる主な成分

 

女性用育毛剤は薄毛や抜け毛で悩んでいる女性にとってすごく役に立ちます。

 

育毛剤

 

その女性用育毛剤に含まれる主な成分には、男性ホルモン抑制成分、血管拡張成分、栄養補給成分、抗脂漏成分、保湿成分、消炎成分、抗菌成分、角質溶解成分、抗酸化成分といった育毛剤の成分があります。

 

男性ホルモン抑制成分・・・プロペシアという代表的な成分があり、他にはフラボステロンやオウゴンエキス、エストラジオールやオオバナサルスベリエキスなどが主な成分です。

 

この男性ホルモン抑制成分は抜け毛や薄毛の原因となる男性ホルモンの分泌を抑えることができます。

 

血管拡張成分・・・ミノキシジルが代表的な成分で、この他にトウガラシエキスやビタミンEなどがあり、血行や血流を促進させて育毛効果へと繋いでくれる成分です。

 

栄養補給成分・・・ビタミンAや亜鉛、ビタミンB6やアミノ酸各種があり、頭皮細胞を活性化させて育毛効果をもたらしてくれます。

 

抗脂漏成分・・・ワカメエキスやアマモエキス、イオウやフダイコンエキスなどがあり、頭皮の皮脂を過剰分泌させずに頭皮環境を整えてくれる成分です。

 

保湿成分・・・ヒアルロン酸や海藻エキス、キナエキスやオタネニンジンエキスなどがあり、頭皮に適度な潤いを与えながら頭皮代謝の低下を防いでくれます。

 

消炎成分・・・ユーカリエキスやカンゾウエキス、グリチルリチン酸2Kや塩酸ジフェンヒドラミンなどが挙げられ、頭皮の肌荒れや痒みなどを予防してくれます。

 

抗菌成分・・・ヒノキチオールやクジンエキス、ドクダミエキスやシソエキスなどがあり、菌の増殖を防いで脱毛を予防してくれる成分です。

 

角質溶解成分・・・ヨクイニンエキスやサリチル酸、ホップエキスやレゾルシンなどが挙げられ、フケを防いだり頭皮を柔らかくして脱毛効果をもたらしてくれます。

 

抗酸化成分・・・プロシニアジンやアセロラエキス、ポリ乳酸やアスコルビン酸などがあり、毛穴の活性酸素を抑制して頭皮の老化を防いでくれる成分です。

 

 

注意すべき副作用

 

女性用育毛剤には様々な成分が含まれていますが、その育毛剤の成分の中には副作用があらわれてしまうものもあります。

 

副作用には頭皮の痒みやフケ、発疹やかぶれ、それに動悸やむくみ、胸の痛みなどがあらわれることもあります。

 

もともと血圧降下剤だったミノキシジルの場合には、血圧が下がり過ぎてしまうこともあります。
体重増加や眠気、倦怠感や頭痛などの症状があらわれることもあります。
特にアレルギー体質の人は副作用があらわれやすいので注意が必要です。
もしも、アレルギー体質の人が使用するときは腕などの皮膚でアレルギーテストを行ってから使用すると良いでしょう。

 

こうした副作用は稀にあらわれるものですので、全ての人が副作用として困るわけではありません。

 

ですので、副作用を恐れて育毛剤を使用することはないのです。

 

 

育毛剤と発毛剤の違い

 

抜け毛や薄毛で悩む人の中には育毛剤か発毛剤のどちらを選べば良いのか分からない人もいるでしょう。

 

育毛剤と発毛剤の違いは髪を育てるか生やすかの違いです。

 

育毛剤は髪を育てる効果を期待することができます。

 

発毛剤は新たに髪を生やす効果を期待することができます。

 

簡単に説明すると育毛剤は現在も生えている髪を太くて強い髪に育てることができ、発毛剤は脱毛した毛穴から髪を発毛させることができるということです。

 

発毛剤には薬事法で指定された商品が多くあり、育毛剤には医薬品や医薬部外品に指定された商品が多くあります。

 

育毛剤と発毛剤の違いには含まれる成分や効果にもあります。

 

このような違いを参考にして薄毛や抜け毛の悩みを解消してみてください。