産後のひどい抜け毛に効果的な育毛剤

産後の抜け毛におすすめの育毛剤

 

産後の抜け毛で悩んでいる女性は育毛剤を使用することによって、その悩みを解決できることもあります。

 

産後の抜け毛

 

特に解決しやすいおすすめの育毛剤はリアップリジェンヌとマイナチュレです。

 

リアップリジェンヌは大正製薬から販売されている女性用育毛剤の一つで、有効成分のミノキシジルが髪の深部に働きかけて髪に生み出す力を与えてくれる育毛剤です。

 

ミノキシジルの他にパントテニールエチルエーテルやトコフェロール酢酸エステル、I-メントールなどの成分が含まれています。

 

この成分によって頭皮を保護したり清涼感を与え、頭皮に栄養を補給して健全な状態に保ってくれます。

 

マイナチュレは27種類の天然成分と10種類のアミノ酸を配合した女性用育毛剤で、香料や着色料、パラベンや石油系界面活性剤などを使用していません。

 

また、センブリやグリチルリチン酸ジカリウム、酢酸トコフェロールといった育毛有効成分も配合しています。

 

このような産後の抜け毛におすすめの育毛剤を使用して、薄毛や抜け毛の悩みを解消してみてはいかがでしょうか。

 

 

産後抜け毛の原因

 

産後の抜け毛は女性にとって深刻な悩みの一つであります。

 

その産後の抜け毛の原因になるのはホルモンバランスの乱れが大きな原因となっています。

 

妊娠中は赤ちゃんが成長するために女性ホルモンが大量に分泌されます。

 

これによって抜け落ちるはずの髪がそのまま成長してしまい、出産後にまとめて抜け落ちてしまいます。

 

この時に分泌される女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2つに分けられます。

 

どちらの女性ホルモンも妊娠すると分泌量が増えますが、妊娠していないときは交互に優位な働きをしていますし一定の分泌量になっています。

 

そして、妊娠によって大量に分泌された2つの女性ホルモンは出産と同時に必要なくなります。

 

その時に正常なホルモンバランスを取り戻そうとして急激に減少させてしまい、通常に必要なホルモン量を下回ってしまいます。

 

この変化によってホルモンバランスが乱れてしまうのです。

 

エストロゲンは髪の成長を促す作用がありますので、バランスが乱れると髪が大量に抜けてしまうことがありますし、プロゲステロンは妊娠中に髪を保持する作用がありましたので産後に減ってしまうと抜けやすくなるのです。

 

こうしたホルモンバランスの乱れだけが産後の抜け毛の原因ではありません。

 

この他には生活習慣やダイエットなども原因になることもあります。

 

産後は赤ちゃんのお世話がメインとなりますので、夜泣きや授乳で睡眠不足になったりストレスを溜めこんだりします。

 

睡眠不足やストレスは女性ホルモンのバランスを乱すだけではなく自律神経も乱してしまい代謝を悪くしてしまいます。

 

この代謝が悪くなると頭皮環境が悪くなって抜け毛へと繋がってしまうのです。

 

ダイエットは産後に太っている体を元に戻そうとすることですが、この産後ダイエットは栄養不足を引き起こして髪の成長に必要な栄養が摂取できなくなります。

 

 

放置しても大丈夫?それとも進行する?

 

抜け毛

 

産後の抜け毛は約3か月後くらいから始まり、少しずつ抜ける人もいればゴッソリ抜けてしまう人もいます。

 

抜け毛が落ち着くのは早い人で6か月くらい、遅い人でも1年くらいで抜け毛がおさまってきます。

 

ほとんどの人は自然とおさまりますので放置しても大丈夫ですが、稀におさまらない人もいます。

 

そうした人は育毛剤を使用するのも良いですし、不安な人は医師に相談するのも良いでしょう。

 

また、産後の抜け毛は人によって進行してしまうこともあります。

 

産後の抜け毛が進行してしまう場合は、頭皮ケアをしっかり行いながら睡眠不足やストレスなどに気を付けておき、栄養バランスを考えた食事をとるように心がけましょう。