産後の抜け毛予防に効果的なのは?

産後の抜け毛予防はいつから始めるのが効果的?

 

産後

 

それは、もう、妊娠中からです。薄毛専用のシャンプー・育毛剤を、もうやっておくのが、理想です。

 

それから、軽く見てはならないのが、食事を含む生活習慣です。

 

髪の毛を生やす、元になるコンディションが出来てないと、いくら 薄毛専用のシャンプー・育毛剤を試しても、効果は思わしくないです。

 

まず、ストレスを溜めては、いけません。すべて母親で抱え込まず、任せられるモノは、任せます。

 

また、パーフェクトを目指したら、疲れます。旦那の世話や、食事の品数、授乳タイミングなど、手を抜いていいところは抜かないと、持ちません。

 

けれど、食事は大切なんですよね。生協の個別宅配や、半調理品、冷凍食品なんかうまく利用して、手間をかけず、栄養を摂るよう心がけてください。

 

それで、難しいですが、睡眠時間は確保しましょう。けど、1歳前くらいまで、夜中何度も授乳やおしめ、ぐずるので起こされますし。しかし、赤ちゃんが寝ている時、出来るだけ寝ます。

 

その上で、産後の抜け毛に対する対策を、お産前からやっていくんです。

 

シャンプーなどで、いわゆる頭皮環境を整え、女性用と書かれている育毛剤を付けます。

 

産後の抜け毛は、悩みます。しかし、深刻になり過ぎず、体がリカバリーした結果として、徐々に治ってくるのを、待つ位のスタンスでいましょう。

 

 

産後の抜け毛はいつまで続く?

 

産後の抜け毛に悩む人は多いです。 抜け続けると、いつまで続くのか?不安になりますよね。

 

産後の抜け毛、一番ひどくなるのはいつでしょう?産んだ人や理容師・美容師さん曰く、アバウト3-6ヶ月が、もっとも多いそうです。 それから次第に、抜け毛が減るんだそうで。

 

半年も!とか思いますが、多くの産んだ女性が経験していますので、焦らないでください。

 

ネットでの、抜け毛の体験者の話を総合してみたら、産後7ヶ月あたりから、随分マシになるんだそうです。 しかし、抜け毛が始まると、いつ終わるのか?不安ですよね。

 

7ヶ月とは言いますが、そこには母乳をあげているか否かも関わってくるようです。

 

卒乳を早くしたら、抜け毛が、マシになってきたと言う声があるんです。母乳に栄養がそれだけ、取られるからですね。

 

また、産後の抜け毛は、男性の壮年の薄毛や病気ではなく、母体のコンディションの変化に従うモノなんで、終わらないモノではありません。

 

女性ホルモンの量が、妊娠から産む前レベルからは、落ち着いて、加えてストレスを減らして栄養を付けたら、自然におさまります。いわゆる産後の肥立ちですよ。

 

ですから、産んだ後全体的にリカバリーが難しい、40代以上の高齢出産では、抜け毛は長引くと言われています。

 

 

そのまま薄毛に進行することも

 

だいたい、産後の抜け毛から、薄毛に進行する場合は、見分けがつきます。

 

そのポイントって?抜けた毛の、形状です。うぶ毛のような、細くて短い毛ばかりですと、まずいです。

 

まだ、太い毛にならない成長途中の毛が、抜けているからです。

 

うぶ毛が抜けた後は、たいてい新しい毛は生えてこず、薄毛が進行します。あるいは、毛根のない毛が抜ける場合です。

 

健康的な毛髪サイクルですと、毛根が出来た毛が抜けるはずです。そう、毛根がないのは、健康的な毛髪サイクルが異常なんです。

 

そうならないためには、まず、頭皮の血行不良を改善してください。うぶ毛ばかり抜ける場合、たいてい頭皮が血行不良になっています。

 

髪は血液からの養分で育つので、頭皮の血行不良では、当然育ちません。

 

そんな頭皮の血行不良は、ストレスで生じやすく、冷え性・首肩こり・眼精疲労、運動不足、とも、連動しています。

 

食べ物や運動に気を付けたら、幾分マシです。

 

睡眠も、確保しましょう。毛髪は、お肌同様寝ている間に、育つんです。成長因子が出ますからね。

 

芸人で、成長因子を頭皮に注入したら、毛が生えた。と言う、人が在ります。

 

あまりにも、薄毛がひどいようなら、専門のクリニックにかかりましょう。

 

飲み薬や、先に述べた成長因子注入療法などを、してもらえます。